W杯アジア最終予選進出18か国が決定! 韓国、中国、サウジ…日本に不戦敗の北朝鮮も2次予選突破

W杯アジア最終予選進出18か国が決定! 韓国、中国、サウジ…日本に不戦敗の北朝鮮も2次予選突破 アジア最終予選に臨む18チームが決定【写真:徳原隆元 & ロイター】

W杯アジア2次予選の全日程が終了

日本代表は6月11日に2026年北中米共催ワールドカップ(W杯)のアジア2次予選の最終戦となるシリア戦を5-0で勝利した。そして、この日のゲームで全9グループに分かれていた2次予選が終了し、最終予選に臨む18チームが出揃った。

B組の日本は全勝で文句なしの首位通過を果たし、2位は日本とのホーム戦が没収試合扱いとなった(不戦敗)北朝鮮に。最終戦でミャンマーに勝利し、日本に敗れたシリアを勝ち点で上回った。また、東アジア勢がひしめくC組は韓国が首位通過を決めた後の最終戦で中国に1-0で勝利し、タイはシンガポールを3-1で下した。2位争いは中国とタイが勝ち点、得失点差、総得点で並ぶも直接対決を1勝1分で優勢だった中国が突破した。

A組ではカタールが首位通過、2位にはクウェートが入り最終予選へ進んだ。D組もオマーンが首位を決めたなかでマレーシアとキルギスが2位を争ったなか、キルギスが2位を決めて2次予選を突破した。

E組ではイランとウズベキスタンが2強を形成して早々に突破を決め、F組はイラクとインドネシアが突破。G組はサウジアラビアとヨルダン、H組はアラブ首長国連邦(UAE)とバーレーンが通過し、中東勢が順当に最終予選へ進出した。

I組ではオーストラリアが6戦全勝を果たし、パレスチナが2位通過。パレスチナは最終戦こそオーストラリアに0-5で大敗したが、それまでの5試合はオーストラリアとのゲームに0-1で敗れた1失点のみと手堅い戦いを見せていた。

この勝ち上がった18チームは、6月27日の組み合わせ抽選会により6チームずつ3つのグループに分けられる。各組の上位2チームが本戦への出場権を獲得し、3位と4位の合計6チームはプレーオフへ進出。本戦へのストレートインを獲得する残り2枠と、大陸間プレーオフへ進出する1チームを決めることになる。

各組の勝ち上がりチームは以下のとおり。(左が1位通過)

A組

カタール、クウェート

B組

日本、北朝鮮

C組

韓国、中国

D組

オマーン、キルギス

E組

イラン、ウズベキスタン

F組

イラク、インドネシア

G組

サウジアラビア、ヨルダン

H組

UAE、バーレーン

I組

オーストラリア、パレスチナ(FOOTBALL ZONE編集部)

  • https://www.msn.com/ja-jp/sports/tennis/w杯アジア最終予選進出18か国が決定-韓国-中国-サウジ-日本に不戦敗の北朝鮮も2次予選突破/ar-BB1o2qsU

Related

スケボー、14歳小野寺吟雲が世界1位で五輪へ…白井空良「堀米雄斗を倒さないと意味がない」

スケボー、14歳小野寺吟雲が世界1位で五輪へ…白井空良「堀米雄斗を倒さないと意味がない」

Sports
古賀紗理那&小島満菜美が大会ベスト6選出! 日本女子バレーOBが感動の声「本当に誇らしい」【ネーションズリーグ】

古賀紗理那&小島満菜美が大会ベスト6選出! 日本女子バレーOBが感動の声「本当に誇らしい」【ネーションズリーグ】

Sports
大谷翔平の“本当のスゴさ”は本塁打ではなく…監督とチームメイトが絶賛した“ただのヒット”を分析して判明した事実「あのプレーがなかったら…」

大谷翔平の“本当のスゴさ”は本塁打ではなく…監督とチームメイトが絶賛した“ただのヒット”を分析して判明した事実「あのプレーがなかったら…」

Sports
「疲れている感じがある」巨人ウィーラーコーチの進言から復調したヘルナンデス

「疲れている感じがある」巨人ウィーラーコーチの進言から復調したヘルナンデス

Sports
米国男子プロゴルフツアーで環境活動家の一団が乱入、粉を撒き散らす

米国男子プロゴルフツアーで環境活動家の一団が乱入、粉を撒き散らす

Sports
ドジャース大谷翔平、3試合連続ホームラン…古巣から新ユニホームで140m弾

ドジャース大谷翔平、3試合連続ホームラン…古巣から新ユニホームで140m弾

Sports
【宝塚記念】1番人気の敗戦に安藤勝己氏「外へ出せない位置にハマってもうた」と指摘…5着馬には「G1獲れる器」

【宝塚記念】1番人気の敗戦に安藤勝己氏「外へ出せない位置にハマってもうた」と指摘…5着馬には「G1獲れる器」

Sports
巨人・阿部監督、990日ぶり一塁で先発起用の大城卓三を送り出した言葉「お前がミスしてもいいよ、僕が謝る」

巨人・阿部監督、990日ぶり一塁で先発起用の大城卓三を送り出した言葉「お前がミスしてもいいよ、僕が謝る」

Sports