「思えばいつも怒っていた。離党届を何通書いたか」…「郷土愛の塊」を自任する83歳は、弱者に寄り添う「虫の目」が信条 勇退を決めた尾辻秀久参院議長が語る国政への思い

「思えばいつも怒っていた。離党届を何通書いたか」…「郷土愛の塊」を自任する83歳は、弱者に寄り添う「虫の目」が信条 勇退を決めた尾辻秀久参院議長が語る国政への思い 「今は議長として任期を全うしたい」と話す尾辻秀久氏=参院議員会館

今期限りで政界を引退する意向を明らかにした尾辻秀久参院議長(83)=自民会派離脱中、鹿児島選挙区=はがん対策や自殺防止など多くの議員立法に携わり、弱者に寄り添う「虫の目」を信条に活動を重ねてきた。今の心境や印象深い仕事を聞いた。

-来夏の参院選に立候補しない理由は。

「83歳という年齢と体力を考慮した。その都度、全力を尽くしてきた。後悔はない。後継候補についても、しかるべき人が選ばれると信じている」

-2022年から参院議長を務めている。

「これまでの人生で感じたことのない重圧。自分の代わりはいないし、皇室行事に関わる『皇務』も多い。精神的にも体力的にも余裕はないが、途中で投げ出すようなことはしない。来年7月まで任期を全うする」

-現在6期目。印象に残っている仕事は。

「数え切れないほど議員立法を作らせてもらい、超党派議連の会長も多く務めた。どれも心に残る。特に印象深いのはドミニカ移民問題の解決に向けた取り組みだ。なぜこんな理不尽なことをしたのかという、政府への怒りが強かった」

-怒りを仕事のエネルギーに変えてきた。

「私は感情的な人間。思えばいつも怒っていた。政府を批判するような質問を通告したら幹事長室に呼び出され、離党届も何通か書いた。救われたのが『参院のドン』と呼ばれた故青木幹雄先生の存在。何も言わず届を握りつぶしてくれた。他党も含め、そんな親分衆がいなくなったのは残念だ。今の私がその代わりをできていないことを恥じる」

-国会議員の集大成として、やり遂げたいことは。

「参院議員として務め上げたい。郷土愛の塊なので、最後まで鹿児島最優先で貫き通そうと思っている」

  • https://www.msn.com/ja-jp/news/national/思えばいつも怒っていた-離党届を何通書いたか-郷土愛の塊-を自任する83歳は-弱者に寄り添う-虫の目-が信条-勇退を決めた尾辻秀久参院議長が語る国政への思い/ar-BB1pHsXF?ocid=00000000

Related

真夏の自衛隊イベント「そんな装備で大丈夫か?」 絶対NGな持ち物とは “最悪回避の必須アイテム”8選とは

真夏の自衛隊イベント「そんな装備で大丈夫か?」 絶対NGな持ち物とは “最悪回避の必須アイテム”8選とは

News
新監督就任に57歳「キングカズ」加入 新体制で浮上図るJFL鈴鹿

新監督就任に57歳「キングカズ」加入 新体制で浮上図るJFL鈴鹿

News
習近平路線がついに破綻か…経済崩壊が進む中国で、いま「鄧小平改革」が持ち上げられている共産党内「異常事態」のワケ

習近平路線がついに破綻か…経済崩壊が進む中国で、いま「鄧小平改革」が持ち上げられている共産党内「異常事態」のワケ

News
「酒のツマミ」でウォッカ30杯、前代未聞の泥酔に出演者ら困惑「水飲んだ方がいい」「こんなに酔っぱらう方いらっしゃる?」

「酒のツマミ」でウォッカ30杯、前代未聞の泥酔に出演者ら困惑「水飲んだ方がいい」「こんなに酔っぱらう方いらっしゃる?」

News
日本の5つ星ホテル3軒は「どこもひどかった」、台湾人観光客が不満を吐露―台湾メディア

日本の5つ星ホテル3軒は「どこもひどかった」、台湾人観光客が不満を吐露―台湾メディア

News
松重豊が「孤独のグルメ」後継者探しか 映画と新ドラマに〝積極関与〟

松重豊が「孤独のグルメ」後継者探しか 映画と新ドラマに〝積極関与〟

News
【体操】宮田笙子所属の順天堂大学異論「出場もあり得ると考えていた。辞退は誠に残念な思い」

【体操】宮田笙子所属の順天堂大学異論「出場もあり得ると考えていた。辞退は誠に残念な思い」

News
カメムシ大量飛来確認、再び注意報 岐阜県内全域で水稲被害の恐れ、暖冬が一因か

カメムシ大量飛来確認、再び注意報 岐阜県内全域で水稲被害の恐れ、暖冬が一因か

News