「孤独のグルメ」映画化決定!主演・監督・脚本は松重豊

「孤独のグルメ」映画化決定!主演・監督・脚本は松重豊

2012年よりテレビ東京系列で放送されているドラマ「孤独のグルメ」が、『劇映画 孤独のグルメ』(2025年1月10日公開)として映画化され、主演の松重豊が監督・脚本を務めることが10日、都内で行われた「『孤独のグルメ』プロジェクト発表会見」で発表された。松重は「深夜の小さな番組が、こんな晴れやかな場に出るなんて想像できませんでした」としみじみ語ると、映画製作の秘話を明かした。

「孤独のグルメ」は、原作・久住昌之、作画・谷口ジローによるハードボイルドグルメ漫画のドラマ化作品。2012年にテレビ東京系で放送されると、松重演じる輸入雑貨商を営む主人公・井之頭五郎の、食欲をそそるような大胆な「食べっぷり」や情緒あふれる「心の声」に多くの共感が生まれ、スペシャルドラマや、配信オリジナルドラマを含め、シーズン10まで放送されるという長期シリーズとなった。

この度、テレビ東京開局60周年特別企画として「孤独のグルメ」プロジェクトが始動。2025年1月10日に、劇場版映画『劇映画 孤独のグルメ』が公開され、主演の松重が監督、脚本も務める。さらに多彩なキャストを主人公に迎え、初のオムニバス形式でつづるドラマ「それぞれの孤独のグルメ」も制作され、10月4日から放送されることが発表された。

12年続くシリーズが劇場版になった経緯について松重は「シーズン10が大きな節目なんだろうなと思っていたんです」と語ると「長く続いてお客さんが増えて、アジアでも評価を得ました。そのなかで『これからどうするんだろう』と思ったとき、大風呂敷を広げて映画化はどうだろうって思ったんです」ときっかけを語る。

さらに松重は「作品を立ち上げたプロデューサーをはじめ、スタッフが抜けてしまっていた」という現場の事情を明かすと「小さなスタッフで作っている作品ですが、このまま続けていくにはスタッフの成長が間に合わない。特に食べ物を扱うために、しっかりした監督が必要だと思った」と明かす。

松重は最初オムニバス映画『TOKYO!』(2008)の一編「シェイキング東京」で作品を共にした韓国の巨匠ポン・ジュノ監督にお願いしたという裏話を披露すると「手紙を書いたのですが、スケジュールの都合で難しい」と断られてしまったという。その後、日本人の監督を探していたものの「全体を束ねる役割を自分がやったらどうなのだろうか……という思いがわいてきた」と自身が監督を務めるというアイデアが膨らんでいったという。

内容について松重は「ラブストーリーを主軸に大冒険ものにしたいと思った」と一端を明かしていた。(磯部正和)

  • https://www.msn.com/ja-jp/entertainment/movies/孤独のグルメ-映画化決定-主演-監督-脚本は松重豊/ar-BB1pIR63?ocid=00000000

Related

【FNS27時間テレビ】井上咲楽「100kmサバイバルマラソン」脱落 ドクターストップに涙

【FNS27時間テレビ】井上咲楽「100kmサバイバルマラソン」脱落 ドクターストップに涙

Entertainment
<虎に翼 第17週>花江(森田望智)からの援軍が届く

<虎に翼 第17週>花江(森田望智)からの援軍が届く

Entertainment
池上彰氏のテレ朝番組内容に異論「テレビで放送すべきではありません」著名国語辞典編纂者が指摘

池上彰氏のテレ朝番組内容に異論「テレビで放送すべきではありません」著名国語辞典編纂者が指摘

Entertainment
『虎に翼』第81話 涼子&玉が再登場! 再会を喜ぶ寅子だったが…

『虎に翼』第81話 涼子&玉が再登場! 再会を喜ぶ寅子だったが…

Entertainment
キー・ホイ・クァン、『グーニーズ』の撮影は“子どもにとって夢のようだった”

キー・ホイ・クァン、『グーニーズ』の撮影は“子どもにとって夢のようだった”

Entertainment
ガンダム:変形するガンプラオプションパーツ ボールデンアームアームズ

ガンダム:変形するガンプラオプションパーツ ボールデンアームアームズ

Entertainment
「虎に翼」“書記官”望月歩「高瀬としてたくさんの言葉もらっていろんな事を考えることできた」

「虎に翼」“書記官”望月歩「高瀬としてたくさんの言葉もらっていろんな事を考えることできた」

Entertainment
虎に翼:寅子と急接近? 航一「心配性なもので」→突然の笑顔に視聴者胸キュン「朝から反則」「はい、フラグたちました」

虎に翼:寅子と急接近? 航一「心配性なもので」→突然の笑顔に視聴者胸キュン「朝から反則」「はい、フラグたちました」

Entertainment